青汁とダイエットについて

青汁で健康に

青汁とダイエットには、どんな関係があるのでしょうか。今では、健康食品としての地位を確実に得た青汁ですが、青汁が最初に世間に出てきたのは、TV番組での罰ゲームからでした。まずくて飲むに堪えられない味ということで、青汁が使われていました。その後は誰でも知っているように品質改良や多様な製法が開発されて、健康食品の中でも多くのファンを持つことになりました。

大手の飲料メーカーやウィスキーメーカーが健康食品市場へ参入し始め、青汁もメジャーな商品になった訳です。青汁の人気がこれ程、高まったのは近年の健康ブームの波に乗ったとも言えるのですが、実際に多くの人々が青汁での健康効果を実感したことによって、人気を獲得しています。

青汁に使われる原料によって、栄養価が違います。最も多くの青汁に使われるケール。ケールはキャベツの一種であり、一年中栽培できる緑黄野菜です。栄養価も高く解くにビタミンAは人参の2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上となっており、ビタミン、ミネラル、葉緑素、ギャバ、食物繊維、タンパク質等も豊富に含まれています。大麦若葉は、イネ科の植物であり他の緑黄色野菜と比べてもビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランス良く含まれています。明日葉は近年、前述のふたつの原料に次ぐ植物として、注目されています。明日葉にはカルコンという成分が含まれており、胃酸の出過ぎを抑え、胃の働きを整える効果があります。その他にも緑茶やゴーヤを原料とする青汁も販売されています。

青汁は栄養価が高く体に必要なものを、与えてくれることは理解できますが、その青汁とダイエットがどのように結びつくのか、その効果の程はいかなるものかについて解説します。

~PICKUP~
青汁好きのサイト管理人が青汁製品の効果を比較し紹介しているサイトです・・・青汁比較サイト

ダイエットと食物繊維

厚生労働省が発表している、1日当たりの理想的な野菜摂取量は350gとされていますが、現在の日本人の平均野菜摂取量は1日当たり280g程度とされています。実際にはこれより少ない人が多くいることでしょう。野菜摂取不足がどのような結果をもたらすかは、知られるところです。便秘です。不健康な排便状態となる訳・・・
詳細はこちら

青汁と代謝

生命維持には、食べ物を摂ることが必要なことは明確です。食物を摂るとカラダの中では二つの代謝が行われます。ひとつは食べ物から摂取したカロリーを、体を動かすエネルギーに変えること。もうひとつは、カロリーとタンパク質で体の細胞を作り変えることです。 この代謝を促すために・・・
詳細はこちら
Copyright ©2014 青汁とダイエットについて All Rights Reserved